カテゴリー『みどころ』−「近代の建築物」

■愛知県議員会館 (あいちけん ぎいんかいかん)
 
 弁護士であり、大正10〜11(1921〜1922)年には名古屋市長をつとめた大喜多寅之助が住宅兼事務所として大正9(1920)年に建築した私邸。住居部分の前庭を挟んで南側に平屋建の洋館があり、この部分を弁護士事務所として利用したといわれる。昭和27 (1952)年に愛知県の所有となり、議員の宿泊や会合に使用。設計:愛知県営繕課神保技師
所在地:東区東外堀町59 (地図上4番

Copyright (C) 2005 Nagoya Chamber of Commerce & Industry. All Rights Reserved.