近代の建築物 神社・仏閣 名所・旧跡
文化のみち
 

 名古屋城から徳川園にかけて、江戸時代は中・下級武士の屋敷が連なっていました。
明治から昭和の初めには、近代産業の担い手となる起業家をはじめ様々な人が去来し、交流する舞台となりました。
名古屋市ではこうした歴史的遺産の宝庫となっているこの一帯を「文化のみち」と名付け、その保存と活用を進めています。
なお、ここで紹介した建築物以外にも、「文化のみち」の中には、近世・近代の建物とその町並みが残っています。詳しくはこちらをご覧下さい。

 
     
   
 
 
  広小路ぶらり散歩道  
文化のみち
 
前へ  
  カキコまっぷへ