【印刷用ページはこちら】
近代の建築物 神社・仏閣 名所・旧跡
名古屋商業会議所址
 

 現在の名古屋商工会議所の前身。明治29(1896)年〜大正8(1919)年は、入母屋造(いりもやづくり)による和風の所屋を現在の栄交差点付近に建築。これは名古屋市街地に残存する木造建築では最大級。当時の本館は、大正10(1921)年、会議所の移転にあわせて大池町(現在の中区千代田2丁目)に移築。議事堂は当時の一宮商業会議所に売却された。その後本館は、鈴木禎二による新館建築が計画されたため建中寺に移築。市の登録文化財として「徳興殿」の名で今ものこる。

「名古屋商業会議所址」のMAP   (地図上29番

名古屋商業会議所
 
 
 
  広小路ぶらり散歩道  
文化のみち
 
前へ 次へ
名所・旧跡トップページへ
  カキコまっぷへ