【印刷用ページはこちら】
近代の建築物 神社・仏閣 名所・旧跡
風月堂書林址
 

 京都の書林風月堂で奉公した長谷川孫助が名古屋で開業した書店と伝えられている。貞享4(1687)年12月、松尾芭蕉が立ち寄った際に、「書林風月とききし其名もやさしく覚えて、しばし立寄てやすらふ程に、雪の降出ければ、はせを(印)いざ出むゆきみにころふ所まて、丁卯臘月初、夕道何かしに送る」の懐紙を残したという。

「風月堂書林址」のMAP   (地図上8番

風月堂へ芭蕉翁が訪れた様子
「尾張名所図会」より
 
 
 
  広小路ぶらり散歩道  
文化のみち
 
前へ 次へ
名所・旧跡トップページへ
  カキコまっぷへ