【印刷用ページはこちら】
近代の建築物 神社・仏閣 名所・旧跡
カトリック主税町教会礼拝堂・司祭館
 

 名古屋に初めてカトリックを広めた井上秀斎が、デュパル神父とともに明治37(1904)年頃に建てた教会で、昭和60(1985)年に一部が改修されている。市内最古のもので、畳敷き漆喰塗り教会は市内唯一とのこと。また、礼拝堂内部が畳敷きというのは、明治期のカトリック教会ではしばしば用いられていたという。司祭館もコロニアルスタイルを特徴とする明治23(1890)年に建築されたもの(一部は明治昭和5(1930)年)。

所在地:東区主税町3-33
「カトリック主税町教会礼拝堂・司祭館」のMAP  (地図上32番
 
 
名古屋市都市景観重要建築物等へ
文化のみち二葉館へ
 
 
 
  広小路ぶらり散歩道  
文化のみち
 
前へ 次へ
近代の建築物トップページへ
  カキコまっぷへ