【印刷用ページはこちら】
近代の建築物 神社・仏閣 名所・旧跡
井元家住宅(橦木倶楽部)
 

 大正15(1926)年、陶磁器貿易同業組合長として活躍した井元為三郎が建てたもの。洋館と和館を一体にした典型的な大正期の邸宅といわれている。現在は、橦木倶楽部と称し、所有者の好意により原則として毎週土曜日に一般公開されている他、この地域の文化的なイベントなどの場として活用されている。

所在地:東区橦木町2-18
「井元家住宅(橦木倶楽部)」のMAP  (地図上37番
 
 
 
  広小路ぶらり散歩道  
文化のみち
 
前へ 次へ
近代の建築物トップページへ
  カキコまっぷへ