【印刷用ページはこちら】
近代の建築物 神社・仏閣 名所・旧跡
ノリタケの森
 

 明治37(1904)年、日本陶器(ノリタケカンパニーの前身)がこの地で創業。日本近代陶業発祥の地といえる。ヒストリカルゾーンにある赤レンガの建物は、創業年に建てられた最初の工場で、昭和50(1975)年まで使用されていたもの。森村・大倉記念館「キャンバス」も明治40年代の建物が改修されたもの。また、工場の煙突がモニュメントとして残されている。

所在地:西区則武新町3-1-36
「ノリタケの森」のMAP  (地図上21番
 
 
ホームページへ
 
 
 
  広小路ぶらり散歩道  
文化のみち
 
前へ 次へ
近代の建築物トップページへ
  カキコまっぷへ